Shopping
* ベア&アニマル
* ドール&雑貨
* レース&小物
* アーティストベア
* ご注文方法
* 送料・手数料
* 販売履歴

etc
* 特定商取引法に基づく表記
* タマ日記
* ブログ
* ギャラリー
* メーカーヒストリ
* 豆知識
* お問い合わせ


* ホーム

Gallery Contents

* Gallery Top

* FIFI
* タマとフク(FIFI)
* マル物語・FIFI
* DINKIE & BLINKIE
* 市松人形
* Chad Valley "Aerolite"

 私のコレクションの一部を紹介しております。更新は不定期ですが、御覧になって下さると嬉しいです。

 尚、ここで紹介した私の所有のアイテムは一部を除き非売品ですので、予めご了承下さい。


Extra Contents

* My Family UP

* 冬のピクニック

* ドライバー金ちゃん

* 風車村へ

* お菓子争奪戦!

* 曼殊院門跡

* みんなでピクニック

* Photo Theater 1

* Photo Theater 2
St. Valentine
C1915 EINCO FIFI タマとフク
Tama & Fuku
約3年前、お世話になっているイギリスのコレクター様から上の1枚の写真を頂きました。
当時からFIFIを集めていた私ですが、この写真を見て感動したのを今でも覚えております。
そして、写真のタマ(左)を譲って頂いたのでした。
右のタグ付きFIFI(フク)は当時は頑として譲ってもらえなかったのです。
その後も幾度となくアプローチしたものの、やはり譲ってはもらえず・・・
そうですよね、私でも絶対譲らないでしょう。
希望は薄かったのですが、FIFIが大好きであるという想いだけは常々伝えておりました。
そんな数年間でしたがようやく熱意が伝わり、今回、譲って頂ける事になったのです。

そして約3年ぶりにタマとフクは再会しました。
ずっと一緒にいたタマとフク、
一時は離ればなれになったものの再び共に暮らせるなんて、
何と素晴らしい事でしょう。
勝手な想像ですが、タマが一生懸命フクを呼んでくれたんじゃないか?と思います。
はるばる、やって来たフクに「お帰りなさい、待ってたよ!!」と声をかけると
ニッコリと「ただいま〜!」と言ってくれている感じがして大感激いたしました。
フクと言う名前は主人が名付けてくれました。
タマとフクの前オーナー様、本当にどうも有り難う!!

Tama & fuku
再会の喜びという感じです。
タマとフクは同じFIFIですが、フクは立っていてタマはお座りしています。
当時でも様々なタイプのFIFIが作られていたと思われます。

Tama & fuku

フクに付いてるタグですが、紙製で周りは金属。
フランス語のタグなので、輸出用のものだったのでしょう。
フランス語ですが、「目が回るよ!」と書いてあります。
タグの裏面はEINCOのマーク。時代を感じさせるマークですね。

Tag
Tag

お揃いのお洋服を着たタマとフクです。

Tama & fuku

フクが来た時、一緒に頂いた1枚のポストカードです。
カード制作時にリボンやTubbyの目の色など塗って印刷したのでしょうか。
このポストカードの裏面にはフランス語でビッシリと熱いメッセージが書かれています。
当時の貴重なポストカード、もしかしたらフクを贈った方がその相手に書かれたものなのかもしれませんね。

Postcard

こちらはタマが来た時に一緒に頂いた写真立ての中に入った古い写真です。
写真に写っているのはTubbyです。
この写真の子の大事なぬいぐるみだったのでしょう。
かなり貴重なお写真です。

また、FIFIやTUBBYに関する貴重な物を入手しましたら、こちらでお知らせいたしますね。

Photo



© 2004-2017 Petit Chaton. All rights reserved. No reproduction or republication.

バナー